板橋法人会青年部会:写真

2007年度 活動報告

2008年 3月9日(日) 日光さる軍団とイチゴ狩りバスツアー

場所:日光~鬼怒川~那須高原

毎年恒例のバス研修が3月9日に行われ総勢36名が参加しました。
今回は栃木県の日光~鬼怒川~那須高原と日帰りで行く距離では考えられないほど欲張りな企画でした。
当日は天候にも恵まれポカポカ陽気の中、バスに乗り込み落ち着く間もなく、ビールと珍味が皆さんにいきわたり既に子供以上にハイテンションな大人達がいました。
まずは日光の有名なさる軍団のショーを見てると、子供たちは『河童ちゃん!』猿の名前!?猿以上にきゃっきゃと騒いでいました。屋外で猿のおやつが売っていたので、早速買って子供が猿に向かっておやつをあげたが食べ飽きているのか!?反応がにぶかったです。
昼食後、大人はバスで昼休み・・・子供はバスにてドラえもん上映に釘付け・・・いよいよメインのイチゴ狩り会場那須高原のお菓子の城に到着し、はさみと練乳を持ってあっという間にイチゴにかぶりついていました。何個食べれるか記録に挑戦といって最初は意気込んで入ったが、大人たちは15分もしないでお外へ・・・子供たちは時間ギリギリまでイチゴから離れないでいる姿が印象的でした。
帰りは、バス内でビンゴ大会が行われ、ある親子はなぜか『ビンゴ!』の嵐・・・賞品をがっぽり持って帰っていきました。不公平・・・と心の中で思ったが、それ以上にビンゴの賞品の多さに驚きました。
今回のバスツアーの企画に携わった方々及び事業グループの皆様、参加の皆様大変お疲れ様でした。又楽しい企画ありがとうございました。日頃親子のふれあいがなかなか取れないパパにも充分家族孝行ができ、親子満足な日帰り旅行だったと思います。

レポート:広報グループ 広報委員長 内村 哲也

  • バスツアー
  • バスツアー
  • バスツアー
  • バスツアー
  • バスツアー
  • バスツアー

2008年 1月16日(水) 新年会

会場:レストランオオタニ(板橋区熊野町47-8)

去る1月16日(水)に、大山のレストラン オオタニで、青年部会の新年会が開催されました。(参加者37名)
後藤厚生委員長の司会により、まず森田部会長の開会挨拶の後、ご来賓の浅野板橋法人会事務局長様から、「公益法人改革を来年に控え、活力ある青年部会に期待しています。」とのご訓辞をいただきました。
そして、田村相談役の乾杯挨拶の後、賑やかな新年交歓会が始まりました。
懇親会の中では、参加者一人一人が新年の抱負を発表し、懇親会は大いに盛り上がりました。
最後は吉川相談役に〆めのご挨拶をいただき、盛大な懇親会は幕を閉じました。アップル旅建の関様、参加者全員にお土産をいただき、ありがとうございました。
皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。

レポート:事業グループ 厚生委員会 幹事 向 伸郎

  • 新年会
  • 新年会
  • 新年会
  • 新年会
  • 新年会
  • 新年会

2007年12月4日(火)  税務座談会

会場:板橋法人会館会議室

12月4日に板橋法人会館会議室において税務座談会を行いました。当日は32人の出席で、板橋税務署副所長の佐々木様を講師にお招きして「違法所得及び違法支出をめぐる税務署の取り扱い」の演題でご講演いただきました。
通常なかなか知ることのない違法な所得や支出の取り扱いについて時にユーモアを交えながら判りやすくご説明いただきました。今回は32名の参加でしたが次回はより多くの会員の方のご参加を願いたいと思います。

レポート:総務グループ 税制委員長 坂野 誠

  • 税務座談会
  • 税務座談会
  • 税務座談会
  • 税務座談会
  • 税務座談会
  • 税務座談会

2007年10月29日(月) 青年経営者研修と交流の集い 事業研修

講師:志ネットワーク 青年塾 塾長 上甲 晃 氏
演題:『今、経営者に求められるもの』

平成19年10月29日(月)、板橋区立文化会館 大会議室にて、青年部会主催の「青年経営者研修と交流の集い」を開催いたしました。  講演会には、松下政経塾の理事・塾頭・副塾長を歴任され、21世紀に向けて「志の高い日本」は「志の高い日本人」によってこそ実現するとの思いに立ち、志ネットワーク活動を展開している、現「志ネットワーク」青年塾 塾長の上甲晃氏を講師に迎え、ご講演いただきました。
講演は以下の様なことを中心にすすめられました。

◎せめて私ぐらいは、自ら行動を起こせる人間になろう。
◎一流の人間は弁解をしない。
◎小さな会社にリーダーシップはいらない。パートナーシップが必要。
◎金を使うな、心を使え。
◎絶対差の世界。毎日休まず続けること。

以上、他にも紹介したいお言葉はたくさんありましたが、ここに挙げさせていただいた言葉を中心に、経営者のあり方、心構えについてお話をしていただきました。
経営論としてのお話に限らず、人生論につきましても興味深いお話で大変勉強になりました。
また、懇親会では上甲氏にも御参加いただき、和やかな雰囲気の中、業種や年齢を超えた交流の場となりました。
最後に、関係者の皆様、並びにご支援いただきました皆様方、ご協力ありがとうございました。

レポート:事業グループ 事業研修委員長 今屋 円

  • 上甲 晃 氏
    上甲 晃 氏
  • 青年経営者研修と交流の集い
  • 青年経営者研修と交流の集い
  • 青年経営者研修と交流の集い

2007年10月20日(土)・ 21日(日) 板橋区民まつり2007 社会貢献

会場:法人会館

板橋法人会社会貢献委員会活動の一環として、「板橋法人会秋の文化祭 親子租税教室とミュージカルの夕べ」と銘打って、第一部は板橋税理士会青年部から講師を招き、親と子供の両方を対象に租税教室を開催、第二部はミュージカル公演「あらしのよるに」が行われました。(法人会館にて)
同時に板橋税務署が中心となり租税教育推進協議会主催で、2日間にわたりスタンプラリーとe-tax等租税教育を共催致しました。(法人会館前にて)
20日(土)の 親子租税教室&ミュージカル公演では、租税教室アニメビデオを上映後、クイズをまじえ親子で楽しく税金についてのお勉強・・・そして、劇団シアタージャパンによるミュージカル公演「あらしのよるに」では、アニメでもお馴染みの狼とヤギの友情を描いた感動作ですが、参加された皆様に、友情・思いやり・感謝する気持ちの大切さ・・・を伝える事ができたと思います。会場もほぼ満席となり、親子とも満面な笑顔・・・第一部・第二部とも大盛況のうちに閉幕となりました。
20日(土)・21日(日)両日に行われたスタンプラリーでは、常に列が絶えない程の人気があり、合わせてe-tax等租税教育(パンフレット配布)も実施致しました。こちらも両日共に大盛況でした。
最後に、関係者の皆様並びにご支援頂きました皆様 ご協力本当に有難うございました。

レポート:総務グループ 社会貢献委員長 椿 浩一

  • 親子租税教室
    親子租税教室
  • ミュージカル出演前の皆さん
    ミュージカル出演前の皆さん
  • スタンプラリー
    スタンプラリー
  • 板橋区民まつり2007

2007年7月21日 ボウリング大会

会場:AMFプラザボウル

今年も、青年部会恒例のボウリング大会を、7月21日(土)の夏休み初日に、 AMFプラザボウルにて、開催させていただきました。
今回は、納涼親子大会と銘打って、部会員の家族も参加していただきました。
大人24名・子供9名と、賑々しく行われました。
一投一投に、ウォ~、キャ~と、悲鳴?・・・いやいや声援が飛び交いました。
お父さん・お母さんの凛々しい?姿を、じっと見つめるわが子。 お子さんの重い球を一生懸命に投げる成長した姿を、優しく見守る温かい親の目。
普段、法人会の活動を、理解し協力していただいてる家族の方々に、 少しは楽しいひと時と、夏休みの最初の思い出を作ってあげられたと・・・
場所を移して、表彰式と懇親会が、板橋駅前本通り商店街にある、ジンギスカン「げんらい」さんで、行いました。
お腹いっぱい、お肉を食べ、お酒を頂きました。 みんな笑顔で、賞品をGETした方は、より笑顔で。
今回は、森田部会長さま(森田総商賞)を、榊原副部会長さま(榊原自動車賞)を、大同生命池袋支社さま(大同生命賞)をいろいろ、賞品をご提供していただきました。
あと、植田副部会長さまより、こうちゃん賞としてお菓子の詰め合わせを、お子様全員にご提供いただきました。
改めてお礼を述べさせていただきます。ありがとうございました。
そして、参加者の皆さん及び、ご協力していただいた方々のおかげで、 楽しく・無事にボウリング大会を開催できましたこと、心より感謝申し上げます。

レポート:事業グループ 厚生委員長 後藤嘉一

  • ボウリング大会
  • ボウリング大会
  • ボウリング大会

2007年6月23~24日 研修旅行事業研修

6月23日(土)~24日(日)に一泊二日で福岡へ研修旅行に行ってまいりました。
総勢23名の会員の皆様が参加されました。初日の夜は博多にあります「大名やぶれかぶれ」にて親睦会を行いました。
普段ではなかなかゆっくりとお話が出来ない会員の皆様と博多の料理を満喫し盛大に盛り上がることが出来ました。
二日酔いの次の日は、九州電力エネルギー館や、日本の伝統でもあります、酒造メーカーの見学をしました。
エネルギー館では水力発電の仕組みを模型にて実技見学をさせて頂きました。普段ではそれほど関心の無かった水力発電ですが、模型の実技を見学してからは改めて電力の大切さを実感しました。
また、酒造メーカーの見学では日本酒の出来るまでの工程をみて、物を作る大切さを改めて感じました。日本の物を作るという、技術は世界一だと思います。部会員の皆様も真剣のまなざしで見学していました。
私も製造業の一員としてこれからも他国に負けない、そして負けてはいけない技術を大切にしていきたいと思います。

レポート:事業研修委員会 幹事 穴沢俊史

  • 研修旅行事業研修
  • 研修旅行事業研修
  • 研修旅行事業研修