板橋法人会青年部会:写真

2006年度 活動報告

2006年7月30日 バスハイキングツアー

場所:茨城県 ポティロンの森

7月30日に厚生委員企画の[みんなで暑さを吹き飛ばし夏を楽しもう~]と題しまして家族でバスハイキングツアーを行いました。場所は茨城県にあります「ポティロンの森」に、お子様を含めて総勢44名の皆様にご参加頂きました。

大自然に囲まれ日本にいながらヨーロッパの農村を楽しめる施設で、普段では体験できないバター作りで家族みんなで楽しみ、お昼ご飯にはバーべキューとビール片手にお腹がはち切れるまで飲んで食べてと盛り上がりました。お昼ご飯の後は待ちに待った自由時間でゴーカートに乗ったり、パターゴルフをしたり、園内を散歩したりと、子供たちにも良い夏休みの思い出となったと思います。

普段忙しくなかなか家族サービスをすることができないお父さん方も筋肉痛になるくらいハッスルすることができたのではないでしょうか。帰りのバスの中で子供たちから「楽しかったよ」と笑顔で言われたことがとても印象に残りました。今回の企画の目的も「家族サービス」という主題で企画しました。法人会青年部会もご家族の皆さんのご理解とご協力があるからこそ成り立っていると思います。今後も家族との交流の機会を増やして行きたいと思いますので宜しくお願いいたします。

レポート:厚生委員会 副委員長 穴沢俊史

  • バスツアー
  • バスツアー
  • バスツアー
  • バスツアー
  • バスツアー
  • バスツアー

2006年6月24~26日 研修旅行

場所:韓国/済州島

平成18年6月24日(土)~26日(月)に、青年部会研修旅行を開催いたしました。
今年度は、「青年部会創設30周年」という記念の年にあたるため、久々に海外研修を企画し、総勢15名で韓国の済州島に行って参りました。
メインとなる会社視察では、「ひらめの養殖」で有名な「アジアフォーラムCO.LTD」という現地の水産会社を訪れ、実際に養殖場を見学しました。
責任者であるパク部長の話では、済州島は気候や水質などの環境から世界で最も「ひらめの養殖」に適しているとのことで、その点を非常に誇らしげに話されている様子がとても印象的でした。また、参加者からは養殖で日頃苦労していることや出荷時にいくらで取引されるのかなどの活発な質問があり、ひとつひとつ丁寧に答えていただきました。
参加いただいた皆様におかれましては、限られた時間ではございましたが、楽しんでいただけましたでしょうか?本場の骨付カルビ・キジ肉のしゃぶしゃぶ・マッコリはいかがでしたか?
水深45メートルまでの潜水艇・実弾演習・ホテルのカジノ・足裏マッサージなど日本国内ではなかなか体験できないことも盛りだくさんだったと思います。今年参加できなかった方も含めて、来年もたくさんの方のご参加をよろしくお願いします。

レポート:研修委員会 副委員長 秋吉 宏徳

  • 研修旅行
  • 研修旅行
  • 研修旅行
  • 研修旅行

2006年5月26日 ボーリング大会

場所:トミコシ会館

今年も恒例のボウリング大会を、5月26日(金)トミコシ会館にて、総勢27名、大勢の方々の参加を頂きました。
日頃、体を動かさない分、心身のエネルギーを大爆発させた有意義な大会でした。(次の日、筋肉痛になったのは誤算でしたが・・・・・)
今回も成績に関係なく、楽しく笑い溢れ、時には悔しいプレーも有り、の心に残るボウリングだったと感じています。
表彰式・懇親会では、中華料理「王華」にて大いに呑み、大いに食べ、大いに騒ぎながら、景品有り、腕相撲有りで大盛り上がりでした。
また、大同生命様、中村管工事工業様には、数多くの賞品をご提供頂き、ありがとうございました。
皆様の御協力のお陰で、ボウリング大会が開催できたことを、心より感謝申し上げます。

レポート:厚生委員会 委員長 今屋 円

  • ボーリング大会
  • ボーリング大会
  • ボーリング大会